有限会社大堂 > 有限会社大堂のスタッフブログ記事一覧 > オフィス移転時の費用は?知っておきたい相場や内訳と削減方法をご紹介

オフィス移転時の費用は?知っておきたい相場や内訳と削減方法をご紹介

オフィス移転時の費用は?知っておきたい相場や内訳と削減方法をご紹介

オフィス移転を考えた時に、費用がどのくらいかかるのか気になりますよね。
移転費用が想定以上に高くならないためにも、事前に費用の相場や内訳をしっかり理解しておく必要があります。
この記事ではオフィス移転に関する費用の相場や内訳、節約方法についてご紹介します。
相場や内訳を把握すると、費用削除のポイントも見えてくるでしょう。

有限会社大堂へのお問い合わせはこちら


オフィス移転に必要な費用の相場はいくら?

オフィス移転費用の相場は立地条件や広さ、人数などにより変わってきます。
人数をもとに推測すると1人あたり20〜50万円、広さから推測すると一坪30〜50万円とも言われます。
とはいえ階数やエレベーターの有無、持ち出す機器の数が増えれば増えるほど、費用は増していくでしょう。
まずは費用の内訳をそれぞれ割り出し、全体にかかる費用相場を把握すると良いですね。

▼この記事も読まれています
庭付き賃貸に入居したら庭の手入れは必要!善管注意義務に注意しよう

オフィス移転に必要な費用の内訳は?

オフィス移転時にかかる費用の内訳は、大まかな目安として以下の3項目です。

●退去に関連する費用
●契約に関連する費用
●内装に関連する費用


退去時にかかる費用は引っ越し費用・原状回復費用・不用品廃棄費用です。
引っ越し費用は社員1人につき2〜5万円、原状回復費用は1坪あたり3〜20万が相場と言われています。
廃棄費用は量やサイズにより異なりますが、引っ越し業者によっては引き取り可能なケースもあります。
契約時にかかる費用は登記住所変更費用・敷金・礼金・保証会社費用・仲介手数料・火災保険料です。
賃貸借契約費用は家賃によって変わってくるでしょう。
内装関連の費用は内装工事費用・設計費用・備品購入費です。
内装に関する費用は高額になりやすく、オフィスの規模や作業内容により異なるでしょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件でもコンセントの増設は可能?許可の必要性や費用負担についてもチェック!

オフィス移転の費用を削除する方法とは?

オフィス移転時に発生する費用は、工夫次第では削除も可能です。
とくに削除効果の高いポイントは、賃料を抑える・備品を見直す・フリーレントを交渉するの3つです。
賃料を抑えると、長期的な費用削除にも繋がります。
他にも、備品の再利用はもちろんですが、リースやレンタルを活用すると支出を削除できるでしょう。
さらにフリーレントを利用できれば数か月分の賃料が削除されるので、初期費用を抑えられます。

▼この記事も読まれています
どうやれば便利?賃貸住まいで電気自動車を充電する方法!注意点も解説

まとめ

オフィス移転は大掛かりな作業であり高額の費用が必要ですが、規模や状況により変わってきます。
退去や契約、内装時にかかる費用それぞれの相場を割り出し、把握することが重要です。
そのうえで費用の内容をしっかり見極め、ポイントを押さえてコスト削除を目指しましょう。
登戸の賃貸マンションなど不動産をお探しなら有限会社大堂にお任せください。
お客様のお悩みごとに真摯に対応させていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください!

有限会社大堂へのお問い合わせはこちら


有限会社大堂の写真

有限会社大堂 メディア担当

登戸でなかなか希望に合う物件が見つからない、そんな方は有限会社大堂までご連絡ください。登戸駅・向ヶ丘遊園駅のほか、様々なエリアの不動産情報を取り扱っております。ご希望に合った物件探しのお手伝いをするため不動産に関する記事をご提供します。


≪ 前へ|賃貸物件に固定電話を置くメリットは?電話の種類や開通費用の負担をご紹介   記事一覧   クッションフロアとは?賃貸物件での注意点や原状回復についてご紹介|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約