有限会社大堂 > 有限会社大堂のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件のクローゼットが閉まらないときの解決方法は?注意点も解説!

賃貸物件のクローゼットが閉まらないときの解決方法は?注意点も解説!

カテゴリ:不動産コラム

賃貸物件のクローゼットが閉まらないときの解決方法は?注意点も解説!

クローゼットのドアがスムーズに閉まらないと、不便さを感じたり、生活するうえでストレスの原因になったりするものです。
新築の賃貸物件ではめったにありませんが、築年数の経っている賃貸物件では、長年使用していることでクローゼットが閉まらなくなるケースは少なくありません。
そこで今回は、賃貸物件のクローゼットが閉まらないときの解決方法や注意点を解説しますので、賃貸物件への住まいをご検討中の方はぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件のクローゼットが閉まらないときの解決方法は?

毎日のように使うクローゼットは、年数を重ねるとネジが徐々に緩んだ結果、ドアが床や天井に擦れてスムーズに閉まらないことがあります。
賃貸物件のクローゼットが閉まらないときは、まずはネジが緩んでいないかをチェックしてみましょう。
わざわざ修理を依頼しなくても、プラスドライバー1本で改善する可能性もあります。
たとえば、ドアが壁や床に擦れる場合は、床に取り付いている「下部固定金具」を調整してみましょう。
左右や前後の位置調整ができるので、1度ネジを緩めた状態で調整したい方向にスライドさせたら、しっかりとネジを締め直してください。
また、ドアが天井や床に擦れる場合は、上レールの中にある「上ローラー」を調整してみましょう。
こちらは上下や左右の位置調整ができるため、前文と同じように1度ネジを緩めた状態で調整したい方向にスライドさせてから、最後にネジを締め付けてください。
ほかにも、ドアに取り付いている蝶番のネジが緩んでいる可能性もあるので、確認してみましょう。

賃貸物件のクローゼットが閉まらないときの注意点は?

賃貸物件のクローゼットが閉まらないときの注意点は、自己判断で修理を依頼しないことです。
ネジを締め直してもクローゼットが閉まらない、もしくは部品が壊れている場合は、すみやかに管理会社や大家さんへ連絡しましょう。
そうすることで、修理会社を手配してくれるなど、必要に応じて何かしらの対応をとってくれるはずです。
しかし管理会社や大家さんへ相談をせずに、自己判断で修理会社を手配した場合は、修理費用が自己負担になってしまう場合があります。
クローゼットに限らず、何か設備に不具合が生じた場合は、すぐに管理会社や大家さんへ連絡するようにしましょう。

まとめ

今回は、賃貸物件のクローゼットが閉まらないときの解決方法や注意点を解説しました。
クローゼットのドアがスムーズに閉まらない場合、まずはネジが緩んでいないかをチェックしてみてください。
ネジを締め直しても改善しないのであれば、管理会社や大家さんを通して修理を手配してもらうのが良いでしょう。
登戸の賃貸マンションなど不動産をお探しなら、有限会社大堂お任せください。
お客様一人ひとりに寄り添い、住まい選びをサポートさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|賃貸物件の申し込みをキャンセルしたい場合の注意点をご紹介   記事一覧

トップへ戻る

来店予約