有限会社大堂 > 有限会社大堂のスタッフブログ記事一覧 > デザイナーズ賃貸の定義とは?メリットや注意点も徹底解説!

デザイナーズ賃貸の定義とは?メリットや注意点も徹底解説!

カテゴリ:不動産コラム

デザイナーズ賃貸の定義とは?メリットや注意点も徹底解説!

賃貸物件を探すなかで、デザイナーズ賃貸という言葉を耳にした方も多いのではないでしょうか。
しかし、デザイナーズ賃貸と聞いても、なかなかイメージがつきにくいですよね。
この記事では、デザイナーズ賃貸の定義とは何か、デザイナーズ賃貸のメリットや注意点も解説するので、ぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

デザイナーズ賃貸物件の定義とは

デザイナーズ賃貸とは、建築家やデザイナーのこだわりやコンセプトが反映された賃貸物件で、一般の物件には見られないような設備やデザインが特徴です。
デザイナーズ賃貸の例として代表的なのが、コンクリート打ちっぱなしの外壁です。
ほかに、まったく間仕切りのないワンルームや部屋にらせん階段を設けた物件、ガラス張りのバスやトイレといった、一風変わった造りの賃貸物件がデザイナーズ賃貸と呼ばれます。
ただし、デザイナーズ賃貸に明確な定義はありません。
単におしゃれな外観の賃貸物件でも、デザイナーズ賃貸と呼ばれることがあります。

デザイナーズ賃貸物件に暮らすメリットとは

デザインーズ賃貸のメリットは、まずおしゃれで個性的な建物が多いことです。
特徴的な素材を使用していたり、珍しい色の外壁を採用していたりと、目立つ外観のものも多いです。
内装も同様に、一般的な物件とは一味ちがう、好奇心をくすぐるようなデザインのものが多くあります。
また、設備が充実している物件が多いのもメリットです。
設備の例としては、TVモニター付きインターホンや大きな窓、使い勝手の良い収納スペースなどが挙げられます。
さらに、一般的な賃貸物件では見られないような、広めのロフトや宅配ボックスが設けられている物件もあります。
最初から充実した設備が整っているので、入居者の生活の質が底上げされ、快適な生活につながるでしょう。

デザイナーズ賃貸物件に暮らす注意点とは

メリットが多く魅力的なデザイナーズ賃貸ですが、注意点もあります。
まず、独特な間取りだと、意外に生活しにくい場合がある点です。
一見おしゃれでも、実際に生活すると住みにくいと感じてしまうケースも少なくありません。
また、収納スペースが少ない物件があるのも注意点です。
無駄を省いたシンプルなデザインの物件では、全体的に収納がオープンだったり、キッチンに収納が設けられていなかったりします。
シンプルな内装が好みで住んでみても、結局のところ収納場所がないため、私物で散らかってしまう可能性もあります。

まとめ

以上、デザイナーズ賃貸について、定義とメリット、注意点をご紹介しました。
デザイナーズ賃貸には、おしゃれな外装・内装や充実した設備といったメリットがある一方で、独特な間取りが住みにくい、収納スペースが足りないなどの注意点もあります。
デザイナーズ賃貸物件をお探しの方は、ぜひ参考にしてください。
登戸の賃貸マンションなど不動産をお探しなら、有限会社大堂お任せください。
お客様一人ひとりに寄り添い、住まい選びをサポートさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|☆いりえの登戸探訪☆ ~九州一番 登戸店編~   記事一覧   【とある休日の出来事】すごい辛い唐辛子! 「ハバネロ」と「ブートジョロキア」|次へ ≫

片野昌浩 最新記事



片野昌浩

インターネットで物件探しができますが、実際に物件を見てみないと気付かないことがたくさんありますので、 一度大堂へご相談下さい。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

来店予約